0922

2016.10.26

2016年10月25日 岩井、大川 試合結果

2016年10月25日(火)DANGAN168 Tommorrow’s Champion32
後楽園ホール

フェザー級8回戦
日本フェザー級11位
○岩井 大(三迫)
判定3-0(79-73,79-73,79-73)
×篠原 武大(全日本P)

岩井の相手はKO率100%の篠原選手。
初回、いつも通り岩井はゆったりと様子見から入る中、パンチのある篠原選手は強いパンチで襲いかかる。
さすがKO率100%、ガードしても凄い音と体ごと吹き飛ぶ岩井。
2Rに入り、少しずつ岩井ワールドを展開する岩井。
独特のリズムと距離感、隙間を突くパンチで翻弄され始める篠原選手だが、まだまだ元気。時折見せる強いパンチに警戒する岩井。
3R、更にリズムに乗る岩井はいいボディを打ち始め、篠原選手は少しずつ動きが鈍り始める。
4R以降は完全に岩井リズム。手数もめっきり減ってしまった篠原選手は鼻血も吹き出し大ピンチ。
幾度もロープ際、コーナーに追い詰める岩井だが中々試合を決めるパンチは打たず、マイペースに攻め続け、最終的にはKOにはならず大差判定勝ち。
ランカーの威厳を見せつける結果になった。
更にワールドに磨きがかかった岩井、今後も応援よろしくお願い致します。
————————————————————————————————–

DANGAN C級トーナメント
ミニマム級4回戦
×大川 朝史(三迫)
判定0-3(36-39,36-39,36-39)
○大田 椋介(石神井S)

大川のデビュー戦の相手は1戦1敗の大田選手。
初回、ゴングが鳴ると同時に仕掛けたのは大川。
大振りで連打を仕掛ける大川だが中々パンチは当たらず。
2Rに入り変わらず前へ出る大川だが体が流れた所に大田選手のパンチが当たり、尻もちをつくダウン。
そこまで効いてはいない様子で、すぐに打ち返す大川だがなかなかかみ合わず。
最後まで大振りは当たらず判定で負けとなってしまった。

fb
ban_003
ban_006
ban_001
ban_004
ban_002
banner_wajimasann
ban_008