重要なお知らせ

三迫ボクシングジムは 2014 年より三迫仁志会長が会長職から引退され、三迫貴志氏が会長職を引き継ぐことになりました。
また、東日本プロボクシング協会定例理事会にて、三迫貴志氏の三迫ジム会長就任を承認して頂きましたので、今後とも三迫貴志新会長のもと、更なる飛躍を目指し精進するので、これからも応援の程よろしくお願い申し上げます。

会長よりご挨拶

三迫ボクシングジム会長の三迫貴志です。
当ジムホームページをご覧頂き、誠にありがとうございます。
三迫ボクシングジムは東洋フライ級チャンピオンであった初代会長である三迫仁志により1960年東京都江東区に創設したのが始まりです。以来50数年、板橋区大山そして現在の東武練馬に移転し、2011年に現在の施設を完成させました。この長い年月の間には3名の世界王者、また多数の東洋太平洋王者、日本王者を誕生させてまいりました。またプロボクサーのみならず、たくさんの練習生も三迫ジムで汗を流し、ボクシングを通じての幅広い交流は現在も続いております。
ボクシングというスポーツは殴り合いの格闘技ではありますが、様々なメソッドの集大成であり、その練習過程はそれぞれの目的に適したものです。ダイエット、ストレス解消、健康維持など。当ジムでは経験豊富なトレーナー陣が指導しており、老若男女問わず毎日沢山の方々が楽しく練習をしています。
アマチュアボクサー、プロボクサーを目指す方はもちろん、一般の方、女性、キッズにも力を注いでおります。ボクシングというスポーツの魅力を感じることが出来る最新の設備、環境を用意してお待ちしております。

プロを目指す方へ
長年に渡り日本ボクシング界の中心にある当ジムではチャンピオンへの道は最短であると言えます。2ヶ月に一度のフジテレビのボクシング定期番組「ダイヤモンドグローブ」のプロモートを始め、当ジムでは定期的に主催興行を開催しておりますので試合出場の機会も多いです。また海外プロモーターとの豊富なネットワークを活かし、海外での試合出場も積極的に行なっております。

三迫貴志会長 プロフィール

  • 1973年東京都生まれ。
  • 1996年渡米、ロサンゼルスにて三迫ジム現地駐在員。
  •    日本から練習に渡米する多数の日本人ボクサーのコーディネートを務める
  • 2000年畑山隆則の復帰戦のロサンゼルスキャンプコーディネート。
  •    WBA世界ライト級タイトルマッチで畑山隆則のセコンドを務める。
  • 2001年引退試合まで。
  • 2011年三迫ボクシングジムマネージャー兼会長代行就任。
  • 2013年フィリピンプロモーター及びマネージャーライセンス取得。
  • 2014年初代会長三迫仁志より会長職を引き継ぎ、会長就任。

初代会長三迫仁志 プロフィール

  • 1934年愛媛県新居浜市生まれ。

明治大学商学部卒
第14代日本フライ級チャンピオン
第2、4代OBF東洋フライ級チャンピオン
元日本プロボクシング協会会長
財団法人日本プロスポーツ協会監事
平成5年度文部大臣スポーツ功労者賞受賞

  • 1954年日本人ボクサーとして太平洋戦争後初めてフィリピンに赴きマニラで試合をする。当時のフィリピン共和国ラモン・マグサイサイ大統領に大歓迎を受ける。
  • 1960年三迫ボクシングジム設立
  • 1962年株式会社三迫プロモーション設立
  • 1976年全日本ボクシング協会(現日本プロボクシング協会)会長就任
  • 1993年文部大臣スポーツ功労者賞受賞
  • 2014年2月をもってジム会長職を引退。引き続き株式会社三迫プロモーション代表取締役社長としてプロモートに専念する。